識別力と商標の価値

少し旬を過ぎた感はありますが、菓子会社「井村屋グループ」のアイス「あずきバー」の商標登録を認めなかった特許庁の審決が知財高裁で取り消されたニュースがありました。

簡単に言うと、
特許庁の言い分は「他社のアイスでも『あずきバー』の名称が使われており、識別できない」というもの。
これに対し、井村屋側は、「あずきバー」が井村屋の商品を指すものとして一般的に認識されている、という主張をしたわけです。
で、特許庁は井村屋の主張を認めたということ。

商標は自分の商品を他人の商品と識別するために付けるものですので、識別力が無いと登録を受けられません。
極端な例を挙げますと、「りんご」という商品に「りんご」という商標権が発生してしまったら、商標権者以外は誰も商品「りんご」に「りんご」という商標を付けられなくなってしまうわけです。これでは具合が悪いので登録を認めないということになるのですね。

「あずきバー」は、あずきを原材料とした棒状のアイスをそのまま表現したものにも思え、識別力が無いとされたわけですが、長年の使用の結果、識別力があると認められたわけです。

こういう商標は、似た商品を作る人が誰もが使いたい商標ですので、非常に価値の高いものです。

弊所でも、商品の原材料と商品の一般名称をそのままくっつけた商標を取りたいというご相談を受けることがしばしばあります。
こういうご相談には、識別力がないとされるリスクもあるが、権利が取れたときには価値が高い、とご説明して、判断を仰ぐようにしています。

2013年2月13日 |

カテゴリー:商標トピックス

このページの先頭へ