「区分」って何ですか?

区分とは、商品や役務(サービス)を特許庁が45種類に区分けした分類のことです。
商標登録出願をするときには、区分とその区分に含まれる商品や役務を記載します。
例えば、第30類に含まれる「菓子及びパン」を指定する場合には、願書に次のように記載します。

【指定商品又は指定役務並びに商品及び役務の区分】
【第30類】
【指定商品(指定役務)】 菓子及びパン

1つの出願に複数の区分を含めることができますが、区分の数が増えるほど費用が掛かるようになっています。
区分数と費用の関係についてはこちらをご参照ください。

同じ区分に含まれる商品や役務であっても互いに類似しない場合もありますし、区分が異なっていても類似する場合もあります。商品・役務の類似・非類似の判断については別のところで説明します。

区分とは、特許庁が決めた商品・役務の分類であって、類似・非類似とは直接の関係がなく、課金の単位になるものと理解しておけばよいでしょう。

2015年1月31日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:FAQ

商標権を取るのにどのくらいの期間がかかりますか?

通常、出願をしてから最初の審査結果(登録査定または拒絶理由通知書)が出るまで、6ヶ月程度の時間がかかります。

この期間は、早期審査を請求することで1~3か月程度まで短縮することができます。

2015年1月29日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:FAQ

商標権を取るのにいくらかかりますか?

指定する商品・役務の区分数が1区分の場合、出願時に約7万5千円、登録時にも約7万5千円の合計約15万円となります。拒絶理由通知書が発行されてこれに応答する場合には別途応答費用が発生します。

指定する商品・役務の区分数が1区分増加する毎に、出願時には約3万円、登録時には約4万3千円、費用が増加するようになっています。

商標料金早見表もご参照ください。

2015年1月29日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:FAQ

このページの先頭へ